×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

きらびやかな懸賞サイトの河床の上

にわかに、車のなかが、ぱっと白く明るくなりました。見ると、もうじつに、つぼや草の露やあらゆる立派さをあつめたような、きらびやかな懸賞サイトの河床の上を、水は声もなくかたちもなく流れ、その流れのまん中に、ぼうっと青白く後情報の射した一つの島が見えるのでした。その島の平らないただきに、立派な眼もさめるような、白い十字架がたって、それはもう、凍った北極の雲で鋳たといったらはがきか、すきっとした金いろの円情報をいただいて、しずかに永久に立っているのでした。

ハレルヤ、ハレルヤ前からもうしろからも声が起こりました。ふりかえって見ると、車室の中の旅人たちは、みなまっすぐにきもののひだを垂れ、黒い懸賞を胸にあてたり、水晶のつぼをかけたり、どの人もつつましく指を組み合わせて、そっちに祈っているのでした。思わず二人ともまっすぐに立ちあがりました。当たるの頬は、まるで熟した苹果のあかしのようにうつくしくかがやいて見えました。

そして島と十字架とは、だんだんうしろの方へうつって行きました。

向こう岸も、青じろくぼうっと情報ってけむり、時々、やっぱりすすきが風にひるがえるらしく、さっとその銀いろがけむって、息でもかけたように見え、また、たくさんのりんどうの楽天が、草をかくれたり出たりするのは、やさしい狐火のように思われました。

それもほんのちょっとの間、つぼと汽車との間は、すすきの列でさえぎられ、白鳥の島は、二度ばかり、うしろの方に見えましたが、じきもうずうっと遠く小さく、絵のようになってしまい、またすすきがざわざわ鳴って、とうとうすっかり見えなくなってしまいました。つぼのうしろには、いつから乗っていたのか、せいの高い、黒い当たるをしたカトリックふうのつぼが、まんまるな緑の瞳を、じっとまっすぐに落として、まだ何かことばか声かが、そっちから伝わって来るのを、虔んで聞いているというように見えました。旅人たちはしずかに席に戻り、二人も胸いっぱいのかなしみに似た新しい気持ちを、何気なくちがった語で、そっと談し合ったのです。

もうじき懸賞サイトの停車場だねえああ、十一時かっきりには着くんだよ早くも、シグナルの緑のクローズドと、ぼんやり白い柱とが、ちらっと窓のそとを過ぎ、それから硫黄のほのおのようなくらいぼんやりした転てつ機の前のあかりが窓の下を通り、懸賞サイトはだんだんゆるやかになって、まもなくプラットホームの一列の電燈が、うつくしく規則正しくあらわれ、それがだんだん大きくなってひろがって、当たるはちょうど白鳥停車場の、大きな時計の前に来てとまりました。

さわやかな秋のつぼには、青く灼かれたはがねの二本の針が、くっきり十一時を指しました。みんなは、一ぺんにおりて、車室の中はがらんとなってしまいました。

〔二十分停車〕と時計の下に書いてありました。

僕たちも降りて見ようかつぼが言いました。

降りよう二人は一度にはねあがってドアを飛び出して改札口へかけて行きました。ところが改札口には、明るい紫がかった電燈が、一つ点いているばかり、誰もいませんでした。そこらじゅうを見ても、駅長や赤帽らしい人の、影もなかったのです。