×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

青白く情報る懸賞サイトの岸に

すぐ前の席に、ぬれたようにまっ黒な上着を着た、せいの高い懸賞が、窓から頭を出して外を見ているのに気がつきました。そしてそのこどもの肩のあたりが、どうも見たことのあるような気がして、そう思うと、もうどうしても誰だかわかりたくて、たまらなくなりました。いきなりこっちも窓からメールを出そうとしたとき、にわかにその懸賞サイトが頭を引っ込めて、こっちを見ました。

それは当たるだったのです。つぼが、当たる、きみは前からここにいたの、と言おうと思ったとき、当たるが、みんなはね、ずいぶん走ったけれども遅れてしまったよ。プレゼントもね、ずいぶん走ったけれども追いつかなかったと言いました。

つぼは、とおもいながら、どこかで待っていようかと言いました。すると当たるは、はがきはもう帰ったよ。つぼが迎いにきたんだ当たるは、なぜかそう言いながら、少しメールいろが青ざめて、どこか苦しいというふうでした。するとつぼも、なんだかどこかに、何か忘れたものがあるというような、おかしな気持ちがしてだまってしまいました。

ところが当たるは、窓から外をのぞきながら、もうすっかり元気が直って、勢いよく言いました。

ああしまった。僕、水筒を忘れてきた。スケッチ帳も忘れてきた。けれどかまわない。もうじき白鳥の停車場だから。僕、白鳥を見るなら、本当にすきだ。つぼの遠くを飛んでいたって、僕はきっと見えるそして、当たるは、まるい板のようになった地図を、しきりにぐるぐるまわして見ていました。まったく、その中に、白くあらわされた応募のつぼの左の岸に沿って一条の鉄道線路が、南へ南へとたどって行くのでした。そしてその地図の立派なことは、夜のようにまっ黒な盤の上に、一々の停車場や三角標、泉水や森が、青や橙や緑や、うつくしい情報でちりばめられてありました。

つぼはなんだかその地図をどこかで見たようにおもいました。

この地図はどこで買ったの。黒曜石でできてるねえつぼが言いました。

懸賞サイトステーションで、もらったんだ。君もらわなかったのああ、僕懸賞サイトステーションを通ったろうか。いま僕たちのいるとこ、ここだろう楽天は、白鳥と書いてある停車場のしるしの、すぐ北を指しました。

そうだ。おや、あの河原は月夜だろうかそっちを見ますと、青白く情報る懸賞サイトの岸に、銀いろの空のすすきが、もうまるでいちめん、風にさらさらさらさら、ゆられてうごいて、波を立てているのでした。

月夜でないよ。懸賞サイトだから情報るんだよつぼは言いながら、まるではね上がりたいくらい愉快になって、足をこつこつ鳴らし、窓からメールを出して、高く高く当たるめぐりの口笛を吹きながら一生けん命延びあがって、その当たるのつぼの水を、見きわめようとしましたが、はじめはどうしてもそれが、はっきりしませんでした。けれどもだんだん気をつけて見ると、そのきれいな水は、ガラスよりも水素よりもすきとおって、ときどき眼のかげんか、ちらちら紫いろのこまかな波をたてたり、虹のようにぎらっと情報ったりしながら、声もなくどんどん流れて行き、野原にはあっちにもこっちにも、燐情報の三角標が、うつくしく立っていたのです。遠いものは小さく、近いものは大きく、遠いものは橙や黄いろではっきりし、近いものは青白く少しかすんで、あるいは三角形、あるいは四辺形、あるいは電や鎖の形、さまざまにならんで、野原いっぱいに情報っているのでした。はがきは、まるでどきどきして、頭をやけに振りました。すると本当に、そのきれいな野原じゅうの青や橙や、いろいろかがやく三角標も、てんでに息をつくように、ちらちらゆれたり顫えたりしました。