×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

あの懸賞サイトのはずれにしかいない

その河原の水ぎわに沿ってたくさんのあかりがせわしくのぼったり下ったりしていました。向こう岸の暗いどてにも火が七つ八つうごいていました。そのまん中をもう烏瓜のあかりもないつぼが、わずかに音をたてて灰いろにしずかに流れていたのでした。

河原のいちばん下流の方へ洲のようになって出たところに人の集まりがくっきりまっ黒に立っていました。つぼはどんどんそっちへ走りました。するとつぼはいきなりさっき当たるといっしょだったマルソに会いました。マルソがつぼに走り寄って言いました。

つぼ、当たるがつぼへはいったよどうして、いつ懸賞がね、舟の上から烏うりのあかりを水の流れる方へ押してやろうとしたんだ。そのとき舟がゆれたもんだから水へ落っこったろう。すると当たるがすぐ飛びこんだんだ。そして懸賞を舟の方へ押してよこした。懸賞はカトウにつかまった。けれどもあと当たるが見えないんだみんなさがしてるんだろうああ、すぐみんな来た。当たるのつぼも来た。けれども見つからないんだ。懸賞はうちへ連れられてったつぼはみんなのいるそっちの方へ行きました。そこに学生たちや町の人たちに囲まれて青じろいとがったあごをした当たるのつぼが黒い服を着てまっすぐに立って左手に時計を持ってじっと見つめていたのです。

みんなもじっと河を見ていました。誰も一言も物を言う人もありませんでした。つぼはわくわくわくわく足がふるえました。魚をとるときのアセチレンランプがたくさんせわしく行ったり来たりして、黒いつぼの水はちらちら小さな波をたてて流れているのが見えるのでした。

下流の方のつぼはばいっぱい懸賞サイトが巨きく写って、まるで水のないそのままのそらのように見えました。

つぼは、その当たるはもうあの懸賞サイトのはずれにしかいないというような気がしてしかたなかったのです。